簿記についての概要

簿記はお金や財産の移動を記録する方法です。
簿記を勉強することで様々な場面で簿記の知識を活用することが出来ます。
簿記を行う際には貸借対照表と損益計算書というものがあり、これらにお金や財産の移動を記録することで取引の状況等を記録することが出来ます。
お金の動きはどの企業にも必ずあることです。そのため、簿記が出来るということはどの会社でもお金の流れを記録する仕事が出来るということです。

■簿記の試験の種類
簿記の試験には簿記1級、簿記2級、簿記3級、簿記4級まであります。
1級が一番難しい試験で、4級が一番簡単な試験です。
簿記1級は合格率が10%前後と低いです。そのため、一般的に合格が難しい独学での勉強より、専門学校に通うことが多いです。
それに対し簿記2級から4級までは合格率が30%を超えていることが多いため、独学で勉強している人がほとんどです。

■就職活動を行う上での利点
簿記の資格を持っている場合、お金の移動をしっかり記録することができるため経理の仕事に非常に役に立ちます。
また、金融機関などのように、経理の仕事だけでなく、仕事全般がお金の移動を記録する必要がある仕事もあります。
その場合、簿記の資格を取得していることが応募条件になる場合もあります。
簿記2級までであれば合格率も高く、独学での勉強も充分に可能な範囲です。
そのため、コストもあまりかからずあらゆる仕事の役に経つ簿記2級までは、積極的に取得を目指していくべきです。

■税理士になるために必要な場合も
経済や法律に関する学校を卒業していない場合、通常税理士の試験は受けることが出来ません。
しかし、日商簿記1級の試験に合格した場合、税理士の試験を受けることが出来ます。
簿記1級の試験は合格率も低く難しいですが、簿記3級、簿記2級としっかり理解して勉強すれば充分に合格出来ます。
税理士になると様々な専門業務を行うことが出来るため、簿記1級の資格を目指して勉強している人も大勢います。

オススメリンク

スキルアップを目指して簿記2級を独学で勉強しようとしているなら:日商簿記2級の必勝マニュアル

文房具とメガネ

貸借対照表とは

貸借対照表を正しく書くための知識は簿記の基本です。簿記2級までは合格率も30%前後あり、一般的に学校…Read more
記録を取る女性

学校や教材

簿記2級までの試験を受ける際には、多くの人が教材を購入して独学で勉強しています。学校に通うと費用が嵩…Read more
寝転びながらの仕事

簿記2級の資格

簿記の資格を取得する上で、2級まで取得する意味は大きいです。就職活動をする際に、簿記3級をとっている…Read more

関連リンク